楽太郎の病気

with コメントはまだありません

#Sponsored


早期発見、早期治療、これが、自己管理のあるべき姿…
であると、僕も思っていた。
 
だが、早期発見する事自体が、フリーライドの無リスクである、
とは断言はできないし、実際、そうではない。
 
楽太郎が肺がんを発見したり、脳腫瘍を発見したりしているが、
聞いている限りでは、画像診断によるものかと思う。
 
僕も、医学部を出た訳ではない素人なので、
判断が付かない部分はある。
だが、甲状腺や前立腺のがんの話を聞くと、あまり検査を頑張る
のも考え物だな、と思ってしまう。
 
あくまで、医療機関の建前として、不安を感じて、それを主訴として、
医療機関を受診するのは、患者の選択的な意志である、
というのがポイントだ。
 
人間、弱いもので、こと、自分の事となると、
それまで、理知的で、統計的に考えていた人間の判断を
狂わせてしまうのである。
 
死因を明らかに、開襟を広げて死ぬ必要はないと思う。
闘病…と言われるが、明確な症状が出るまでは、検査しない、
というのもひとつの選択肢かと思う。
 
初期のがん、とか、経過観察が必要な脳腫瘍、とか、
僕には、何の事かサッパリわからないのである。
実際、説明すればわかるような事を、小難しくしているだけのと
違いますか?って思いますね。
 
医者、病院によってアプローチは様々であって、
診断結果は本当に多様であると思います。
自分の脳がおかしいのでは?という不安。
他人の脳がおかしいのでは?という疑念。
 
こと、画像診断によって、自分や、他人の臓器を不安に
思う時代がきた訳であって、医師たちの、思うがままの
本音というのを聞いてみたい気はします。


この記事について


このページは、2019年7月20日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ