宮迫の謝罪会見

with コメントはまだありません

#Sponsored


見ていられない…。
 
この詐欺集団に社会的に関わってきた組織、個人、
それらは全く不問で(それは当然である)、
ただ、有名人で、写真を週刊誌に売られただけで、
このような目に遭う…。
 
詐欺集団とはいえ、戦隊ものの悪の組織とは違い、
彼らは人間だ、事務所を借りたり、車を買ったり借りたり、
会場を借りたりするだろう。それら全て不問で、
写真に出てきた宮迫以下が断罪される、
僕はこの状況に納得できるものではない。
 
週刊誌のスキャンダリズム志向は、まずもって、
「雑誌が売れない」という事に尽きる。
宮迫以下、不誠実だった事に対して怒りを感じ、
謝罪会見に喝采をあげる向きもあろうが…。
 
何のための「芸能」なのだろうか、と思う。
 
アメトークに宮迫がいなくなってから、僕は正直、
あまり気分が良くなくて、それは、
日本の社会の閉塞感というものをまた、痛感してしまった
からである。
 
波止場で「宮迫ーーー!」と叫んで泣きたい。
辛い。


この記事について


このページは、2019年7月20日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ