Reizoku

with コメントはまだありません


批評、批判する相手を、議論の上で打ち負かして、隷属させようとしていないだろうか?
 
理が通らぬ相手、法を犯した人間、倫理に外れた者たちを、自分たちより下の人間とみて、隷属したカテゴリーに入れてしまってはいないだろうか?
 
個人的な憎しみなら、いざ知らず…。社会的な憎悪というもの、これは決して近現代に特有のものではないだろうが、僕たち現代人は、前の時代に敬意を示して、それよか、冷静でありたい。
 
性善説、性悪説…、人間の業というもの…深情けや、深恨み…恬淡と生きたい。


この記事について
このページは、2020年1月29日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。



こんな記事もあります


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ