寂れていく沼津

with コメントはまだありません

#Sponsored


 
寂れていく沼津、これはもう避けようのない運命である。
しかし、個人も一緒になって寂れる事はないので、
個人のやれる事をやる。
 
街づくりに参加しましょう、と言われるが、
最も大事なのは労働力を提供する事、
納税する事、家族を作り維持していく事。
 
何も難しい事はなくて、「楽しい」という事、
それが最も大事で、
これについても、かなり微妙なところがあると
言うか、まるで学校のオリエンテーションを
楽しいでしょう?と微笑む教員と生徒の落差というか、
趣味に合うものは楽しいし、
そうでなけりゃどんなに豪華絢爛でもつまらない。
 
今、どういう感情かというと、
いっときの怒りや嘆きの感情は鳴りを潜めて、
ただ…哀愁や…慕情というものが…。
 


 
僕は思う、生きているだけで偉いのだと。
いやーそんなあいだみつをみたいな、と思われる
向きもあるかも知れないが、
少なくともギリギリ生きていける自尊心のレベルを
本当に低いところに保つ事は大事かと思う。
 
朝、ここのところ、外出して少し歩いたり
自転車に乗ったりしているのだが、
朝の沼津の街の顔というのは清々しくて、
シャッター通りだろうと何だろうと
とにかく生きていく、生きていく、
 
結局難しい事を言おうとバカだろうと
人間はいずれ死ぬ訳だ、
死んでる人間だけでなく
生きている人間にも手を合わせよう、

そんな風に今日も合唱
南無妙法蓮華経
レー麺ソーメン冷ソーメン
ヤーッ!!!!


この記事について


このページは、2018年11月3日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ