医学と社会

with コメントはまだありません

#Sponsored


例えば素粒子についての研究があったとする。
一般人や、社会が、素粒子について誤解していたと
しても、特に弊害はない。
 
ところが、物理学と同様に専門性の高い
医学…医療というものは、僕たちの人生にかなり、
直接的、間接的に関係してくる。
 
であるにも関わらず、僕たちは恐らく、
医学、医療というものを誤解していたりするだろうし、
また、医学、医療サイドからのミスリードも
あるだろう。
 
例えば、スマホや、映画の批評や批判が、受け入れられやすいのに
対し、医学、医療についての批評、批判というものは、
大仰になりやすい。
 
ナントカという映画監督が好きだ、嫌いだ、と言うように、
この病院は好き、嫌い、というのが、もう少しオープンになっても
良いのではないかと思うが、難しいだろう。
 
個人攻撃、泥仕合の様相を呈してくるのは明白だ。
医学、医療というのは、人の命というものが懸かってきている
ため、双方、本気になりやすい。
 
そうなると、結局は、自己防衛という事になってしまうため、
自分で勉強する必要がある。そういう構造になっており、
情報が非対称であるため、悪意の民間療法も跋扈するという
そういう塩梅式になっているという、つまらないお話。
 
精神病に対する誤解があって、この誤解を解いていかなくては
ならない…という話もある。だが、精神病というのは、あらゆる種類が
あって、新たな症候群が提唱されもし、また、解釈する人によって
病像も異なる。そんな容易な事ではない。


この記事について


このページは、2019年9月10日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ