天皇は国民の象徴

with コメントはまだありません

#Sponsored


天皇は国民の象徴…である、と、
これに続く接続しとして、
「だからこそ」なのか「であるにせよ」
この双方の、解釈論がある。
 
憲法論原理主義のようになってしまうと、
その原理主義自体が憲法に違反するという
事になってしまう。思想、信条の自由が
あるからだ。
 
憲法は、憲法を疑う事を拒絶して
いない。これは大事なポイントだ。
 
憲法の解釈論から離れれば、今の天皇家
というのは害はなくて、あまりにも
ゴシップを報道されるのは哀れだとは
思う。
 
まあ…ただ…好きな人と一緒になるという
事を貫くのは難しいかと思う。
駆け落ちできないからだ。
駆け落ちは絶対にできない。
 
未婚の状態で、まず皇籍から離脱して、
その後に好きな人と結婚する、という
手順が必要になってしまうので、
可哀想だとは思うが、
 
その分、普通の人では経験できない
楽しい事も一杯あったと思うので、
これは我慢するしかないのではないかと
僕は思う。


この記事について


このページは、2019年9月24日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ