終末のガイドブック

with コメントはまだありません

#Sponsored


名前も知らない男が、俺のベッドで眠っている。昨夜路上で拾ってきた奴なのだが、泊まるところがないという。俺はソファーベッドで眠り、今、牛乳を沸かしている。

テレビでは、朝から相撲中継。初の日本人横綱が宇宙人だったので、千秋楽を朝から取り直している。男が起きてきた。無言である。自分は牛乳をカップに入れてやり、食卓に座る。男も座る。

奴は牛乳をゆっくりと飲んで、何か言おうとしている。俺は黙っていたし、俺の携帯電話が鳴り始めた。友達からの電話であるが俺はそれを無視した。

こいつは何者なのだろうか。風体は冴えない眼鏡のオタク、着ているものは薄汚れたジャンパー。俺は何もかも嫌になったので、核ミサイルのボタンを押した。世界は48秒後に滅亡するだろう。そう思うと、笑いがこみ上げてきて、核の炎で全員死ぬ寸前まで、呵々大笑、呵々大笑である、49秒目の事は記憶にない。

牛乳のカップから湯気が出ている、奴は、ずっと無表情のままだった。


この記事について


このページは、2017年4月22日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ