残された二人

with コメントはまだありません

#Sponsored


短編小説「残された二人」

神田駅からだいぶ、歩いたところにボロい雑居ビルがあって、その3階に5坪ほどのオフィスがある。私と田中が、そのオフィスに残っていた。社長はいなくなり、中途2年目の私と、新卒8か月の田中しかいない。時はもう12月であった。鳴りっぱなしだった電話も鳴らなくなり、時々、ファックスが動いている。

私と田中は営業職であった。給料はいまだ、どうしてか振り込まれていた。私と田中は、そして、それでも、亡霊のように営業を続けていた。一日、得意先を回り、淡々と仕事をしていた。

田中は言うのである。

「課長。最後まで、仕事をする事が大事ですよ…」

そんな時、私は、言葉少なに、アパートのベランダの事を思い出している。喫茶店でそんな事を話していると、社長が歩いていた。目はきらきらと輝き、しかし、スーツは酷く、くたびれている。よく見れば三歩下がって、社会福祉っぽいオバサンが歩いている。廃人になったか発狂したのだろうか。田中は、それに気付いて、

「うん。社長も頑張っているようですね」

と、無表情に笑うのだった。けらけら、と笑った。私はもう、恐怖すら感じなかった。ベランダにある、サボテンの代金が、今月、クレジットカードで引き落とされる。そうすると、私の口座にはあまりお金が残らなくなる。

「田中よ…」

私は、田中に、金を借りる事にした。

「お前、金はあるか」

田中は、怯えた顔をして、

「か、課長。恐喝ですか。そこまで、この会社は落ちぶれたと言うのですかwwwwwww」

草を生やすように、田中は恐怖の中で冷笑したように見えた。私はかちん、ときて、

「ようし、賽は投げられた。東京大学で、大型営業しようじゃない。まるで、別人のようにさ」

でまかせを言ってみた。田中は、真面目に反応した。

「別人のように、ですか。それでは考えがありますから、ついて来て下さい」

そう吐き捨てると、田中は、足早に歩き出した。私は、意地になってついて行く事とした。方角は東京大学の方ではなく、よくわからない方向だった。田中は方向音痴なのだ。私と行動しているからこそ、外回りができる。私は、お手並み拝見、とばかりに、嫌味な笑いを浮かべてついていった。

田中は、まるで喉の奥で飴玉を転がすように歩いて、砂漠で雨乞いをするように信号待ちをし、そして階段を降りていった。そしてスイカでさっと地下鉄に入る。何の路線かもわからぬまま、私は、別人のように、田中に従っていった。乗った地下鉄はひどく古く、幽霊列車のようだった。電車は地上に出て、何者かもわからぬホームへ停車した。

どやどや、どやどや、と、戦後の人間が降車した。そして私と田中だけが、ホームに残された。いつの間にか夜で、月はなく、ホームの灯りだけが薄く静かにその場を照らした。田中は、疲れてはいないという風に、ジャンプをした。

「田中!ここは何処だ」

田中は、済まなそうに、

「す、すいません。何処かわかりませんwwwww」

草を生やすようにやはり、笑った。朗らかに笑った。私は少しもリラックスしなかった。ホームのベンチに座った。田中は自販機でコーヒーを二つ、買ってきた。

「これから僕たちどうなるのでしょう」
「………」

12月の駅のホームだったが、何故か、じんわりと暖かった。気違いじみた気持ちは、それにより、正気に戻された。ここは何という駅なのだろうかと、標示を探す。「谷野町テンボス」だった。

「ヤノマチテンボス、か。一体何処だ」
「課長。万事休すですな」

田中は、爛々と目を輝かせ、むくむくと膨れ上がった。スーツは弾け、田中は入道となった。私も膨れ上がり、サボテン人間となった。それぞれ完成すると、鉄道運送の人間が我々を縛り上げ、貨物列車に載せて、我々を遠くへ運んだ。気を失った。

気が付けば、我々は、宇宙の外にいた。そこは、真っ白な世界で、とても居心地が良かった。田中と私は、きっとこれは精神病院で見ている夢なんだろう、と慰めあったが、事実、異次元の世界に我々はいるのであった。

そして、会社のファックスは、まだ、時々、動いているし、給料も振り込まれているらしい。それは何となく、感じるだけの事であるが。

(終)


この記事について


このページは、2015年9月5日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ