笑いの歴史の循環

with コメントはまだありません

#Sponsored


1980年代~1990年代が、テレビのお笑いの爛熟期であって、
恐らく、この頃が、もっともテレビのお笑いが過激だった
時代のように思う。
 
だが、昨今は、必ずしも「イジメ笑い」が好まれず、
テレビ上の演出も気を使っており、何らかのコードを
踏んで「イジメ笑い」が行われており、
 
一部のベテランや、一部のネット配信の番組において、
そのコードを無視して、結果、好まれない笑いを
提供する事にもなる。
 
一部では、表現は過激化しているが、大衆向けに
おいては、よりソフトな表現、ソフトな笑いが好まれる
ようになってきているように思う。思えば、テレビの黎明期は
まさに「ほのぼの笑い」が多かった筈であり、
それに回帰すると思えば、退化ではなく循環といえる。


この記事について


このページは、2019年9月1日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ