今だからこそ、「アンチ・オイディプス」

with コメントはまだありません

#Sponsored


リンクは張らないが、最近、日経で哲学対話を実践している
高校の話が紹介されている。
それについては、また、考える事はあるのだが、
それとは別に、
 
「親学」オヤガクというものがあって、
親とはかくあるべき、という思想体系、
例の絵本作家とか、キチガイ医師と言われる人の
言動なんかが、正に「親学」の極北と言える。
 
本によらない言葉、いわゆる本当の言葉、
哲学対話というものの大事さはわかるのだが、
やはり書籍による読書、思考によってしか辿り着けない
ところはある。車輪の再発明と言われるもので、
確かに、自分の力で同じ結論に辿り着くのは貴い事では
あるが、あまりこの手のやり方をやってしまうと、
 
オカルトじみた「親学」、または「地球平面説」のような
ものを信じてしまうようになってしまう。アメリカでは、
地球平面説を信じている人が一定数、いるようだ。
自分の頭で考えて、「親学」や「地球平面説」を
再発明してしまう事はないだろうか?と思う。
 
まず、最近思うのが、自分には教養はあまりない、
と思っているぐらいで丁度良いし、
これまで信じていた事が全部嘘であったとしても
受け容れる柔軟性を持たねばならないな、という事だ。
野生爆弾のろっしーは受容性高すぎだが…。
 
話は表題の「アンチ・オイディプス」に戻るが、
親-子関係というのを、あまりにフォーカスしすぎじゃないか、
というのはある。親の因果が子に報い、という奴であるが、
運命的に、構造的に親子関係、家族関係が問題を孕んでいる…
という、何というかなあ、親の側も、子の側も、
親子関係という構造にエッジを利かせすぎ…社会の側もそうで、
それを克服するのが個人主義だ、というのではなくて、
まず、オイディプスの構造自体を、少し疑ってみる、というか、
心理分析的に、家族とは何か、というのには、ちょっと、
距離を置く、というか、つまり、フロイトの呪縛、というものを、
点検してみても良いんじゃないか、という事。
 
うまく説明はできないが、恐らく、哲学対話で、
アンチ・オイディプスを明確に打ち立てる事はできないと思う、
まあ、これだって例えばの話ではあるのだが、
僕はやはり、哲学にしろ社会学にしろ人文科学にしろ、死んだ、
無意味だとは思っていなくて、耳目を集める部分で露出する
それが、まあ万人受けを狙い過ぎているというだけで、
音楽だって、長く聴き続けてきて発見できる「名曲」って
あるでしょう、学問だってそうあっていいし、そうあるべきで、
だからこそ、哲学対話で入口の門を破壊する必要はあるが、
門の先には何もない、というのは違う。
 
何でも疑う、という精神が染み付いたアメリカで、
天動説、地球平面説が跋扈している、というのが、
非常に示唆的で、地動説を疑うようになってでも、
疑問を持つ子供に…というのは、やはりリスクはある、
ノーリスクではないよ、というのは、やはり、言っていきたい、
教養というものも、また、ある。
 
好意的な取材であるので、仕方がないが、
まるで哲学対話は良い事ばかり、というように
読み取れてしまって、何でも疑う人、これは確かに
訴求力はあるが、自分は何でも疑ってかかる、というような
人が、どうしようもない事を信じ切っていたりするのを、
僕は何度か見てきているし、大学時代は英語研究会で
ディスカッションセクションに入っていたから、
この手の、批判なしの意見出し、というものね、
ちょっと不謹慎ながら、けっこう、危ない結論にいって
しまったりもするし、何かね、オカルト的な匂いも
あると思うんだよね、そのあたり、日経は注意して
取材するべきだと思うね、ちょっと取り込まれている気が
するよ。記者が。


この記事について


このページは、2019年5月16日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ