大人の怒り

with コメントはまだありません

#Sponsored


父親なり、先生なり、先輩なり、
大人が怒ったとするじゃないですか。
ずっと怒っている訳にはいかないので、
いずれ矛を納めますよね。
これで矛を納められない人は犯罪者になる可能性が
高いので、そういう人は除外します。
 
その矛を納める、やり口です。
これはとっても難しい。
僕たちは、子供だったり、少年だったり
青年だったりしているうちに、何時の間にか
大人になって、大人として怒る日が来る、
僕はもうその日が来ている訳ですが、
 
シレッと怒りの矛を納めて、ニコニコ心から
笑って良いのかな?と、その前まで怒っていた
自分に義理立てするような感情があって、
すっきり矛を納められないなんて、気分にも
なるんですね。
 
今、こういう文章を書いている以上、
僕は矛を納めているといった塩梅式になります。
 
人間によっては、負の感情がないなんていう
人もいるらしいですが、普通の人である僕たちは、
負の感情が消えていくのを何度も見ている訳なんですが、
これは、日和りもありまして、難しい事です。
 
思えば、子供の時も悔しくて仕方がない日も夜も
ありました。枕を涙で濡らした夜もありました。
何れ、陽は登る、とはいえ…。


この記事について


このページは、2019年6月22日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ