学生運動と現代

with コメントはまだありません

かつて、学生運動の活動家たちは、
戦争に行った上の世代を罵り、糾弾した。
 
中には、冤罪もあったし、誤解もあったし、
時代でやむにやまれずやった事までをも
批判されてはかなわない。
 
いわゆる、昭和の世代のパワハラ…を指弾
するにしても、学生運動の時の反省を
踏まえた方が良いかと思う。
 
僕たちの世代だって、「デジタルという
負の遺産」という事を糾弾される時代が
来るかも知れない。


この記事について
このページは、2019年10月7日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ