現代国家の建前

with コメントはまだありません

#Sponsored


現代の国家の建前として、
あらゆる国民を救済する、というものがある。
 
だから「年金問題は許せない」となる
訳である。これを言い続ける事には
意味がある。
 
でも、実際はそうじゃない。
僕らがそんな風に生きられないからだ。
 
建前は必要だ。だが、野党や、野党の
無謬性にすがる人には、悲しさを
感じる。
 
令和の時代となり、ひとつの気持ちの区切りとなって、
何かが倒れ込んでしまったり、新たに立ち上がって
前に進んだり…と、個人や組織、国家にとっても、
ひとつの舞台の新しい場面に入ったような
感覚もあるが、これは錯覚だろうか。
 
思い出はいつだって美しい。平成、昭和、大正、
美しかった過去の思い出を思い出す、そして今を生きる
力を得るのである…。
ナンチテ!?


この記事について


このページは、2019年6月11日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ