親子

with コメントはまだありません

#Sponsored


まもなく、三回忌を迎えるのだが…。
うちは七月盆である。
 
親だから、無条件に子を愛せるし、
子だから、無条件に親に従える…。
 
たとえ、儒教社会であっても、そんな風に、
誰しもができる訳じゃない。
 
「毒親本」ブームがある。いっとき、内田春菊が
ブレイクしていた時は、また、別の距離感があったの
だが…最近の「毒親本」を読むと、なるほど、
ヘビーでハードで、しかも不可避な状況があって、
これは内田春菊「ファザー・ファッカー」の同工異曲で
あると思うような事しきり、であるが…。
 
それであるにせよ、「自分の親」が、無条件に愛情を
注げる…と決まった訳ではない。なるほど、人間だって動物
である。どうやら、人間には「言葉」なり、「文明」なり
呼ばれるものがあるらしい。それでもって、それに加えて
脳みその力でもって、「細やかな情愛…」も発揮されて
いる。
 
で、あるからこそ、シナリオが何時の間にか、書き換えられて
いる事もあるので…。まだまだ僕も、人間について知らない、
社会について知らない事があって、それは、もしかしたら
江戸時代のナニガシがとっくに知っていた事なんだろうけど、
僕は、それを、これから知ろう、としている訳であって、
何とも、「面白い…」時代ではある。


この記事について


このページは、2019年7月13日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ