台風でもチェーン店が営業する理由

with コメントはまだありません

#Sponsored


台風のただ中で、牛丼やハンバーガーを食べたりする
人は少ない。その日だけで考えれば、人件費や経費で
赤字になるだろう。
 
それでも、営業するからには、根性論以外に
合理的な理由があると思われる。
 
(1)365日営業しているという価値を守るため
(2)台風の日の販売データが欲しい
(3)年間で店舗が黒字であれば構わない
(4)既にブランドイメージは毀損しており営業自粛のメリットがない
 
今後、休業する基準を作るためにも、
このような台風の日の販売データが必要、
といった、転倒した状況もあるのではないかと
思われる。
 
世論の大勢としては、超台風の日に営業する
なんて言語道断、といった流れではあるが、
場合によっては自宅よりも職場の方が
安全、仲間もいるし孤立しない、といった
ケースもあるかと思う。
 
シフトがあるなら、自宅で震えているより
仕事に行った方が気が楽、という考え方は
別に間違いではない。ただ、何かあったら
出勤を強いた経営者の責任となる。


この記事について


このページは、2019年10月13日に最初に書かれました。
その後も、内容を更新したり、削除したりする場合があります。
古い記事は、内容が古くなっているか、間違っている場合があります。
その場合でも、訂正や修正をしない事もあります。
また、記事は、用語の厳密性に欠き、表記揺れも含みます。
厳密な調査に基づいた記事ではありません。これは筆者の主観です。
怪文章のようなものもありますので、回覧にはご注意下さい。
自分でも、「馬鹿が馬鹿言ってる」と思うような記事もございます。


SiteMap | ページ一覧 | サイトマップ